乳腺疾患

乳腺疾患について

 

近年、乳がんの増加は特筆されるところがあり、年齢の老若にかかわらずその罹患率、死亡率ともに勢いが衰えるところがございません。乳癌検診の重要性が説かれていますが、その乳癌罹患率の高い年代、40-50歳代は家庭・仕事の両者でも重要な位置を任されていることもあり、その受診は質実ともによりアクセスのよいことも求められているのではないでしょうか。

そのような多忙な方々のニーズに対応することができるように、このたび乳腺疾患の専門的クリニックとしてオープンさせていただきます。
単に検診業務ばかりではなく、いままでの外科治療を基礎とした精度の高い乳癌診断を目指し、日夜工夫を重ねて乳癌の早期発見をすることと、安全に良性疾患との区別をすることを目標にしています。ほかの医療機関で要精査、精密検査をもらった方も安心して乳癌かどうかの診断をさせていただくことを目指しています。

残念ながら悪性疾患であった場合も、より専門的な治療が行える長崎大学病院など高度専門病院にご紹介をいたします。大きな治療が終了し、定期的なホルモン剤などの薬物療法となれば、ふたたび当クリニックでの通院をぜひおねがいいたします。患者さんにとってアクセスと利便性を生かしたライフスタイルの一助となればと思っています。